出会い系サイトは引きこもりからボクを救ってくれた

■出会い系サイトは引きこもりからボクを救ってくれた
引きこもりの問題は大きな社会問題になっています。テレビ番組でもそんなテーマの問題が放送されていても身近に感じないでしょう。ですが、実際にボクは引きこもりでした。引きこもりになってしまった原因は自分でもよくわかりません。他人や社会と関わりあうことに対して恐怖心があったのです。

■両親と同居していたので生活面は大丈夫だったが……
両親に甘えていた自分。もしも一人暮らしをしていたら生活もできなかったでしょう。ですが両親も高齢になってきました。いつまでも甘えていることはできません。なんとか引きこもりの生活から脱却しようと考えていました。

■人見知りなタイプ
引きこもりの生活になる前から人付き合いが不得意なタイプでした。心を割って悩みを打ち明ける友達もいなかったのです。そこで、思いついたのが「メル友を作ろう!」ということでした。相手が目の前に居なければ話しもできるのではないかと思いました。

インターネットで調べて、出会い系サイトに登録。えんこうでトラブルに合う印象しかなかったが思いきって行動。そして、ある女性にメールをしました。彼女はとても親身になってくれました。相手が面識もない人でしたから、自分の全てを話すことができました。引きこもりで社会復帰したい目的で出会い系サイトに登録したことも打ち明けたのです。相談に乗ってくれました。

■彼女は同じ県内に住んでいることが分かった!
ボクが外出できるようになったらデートしてあげると約束してくれました。彼女と知りあって3年。今では家でボクの帰宅をまってくれる彼女になってくれました。出会い系サイトではこんなドラマチックな出会いもあるのです。